2008年07月22日

産後の骨盤矯正

骨盤とは、体の中心である背骨を支えている大事な骨です。
真ん中に穴が開いていて、出産する時には、赤ちゃんが骨盤の中を通り抜けていきます。
胎児がお腹の中で成長するのと同時に、お母さんの骨盤も開いてきたり歪んだりします。

骨盤をつくっている左右3対の骨は、しっかりと丈夫な靭帯で結びついています。
ところが出産が近づくと、ホルモンの影響によって、靭帯や子宮口が柔らかくなってきます。
そして、若干骨の継ぎ目が緩むことで歪みが起こり、少しずつ恥骨結合も開いてきます。
赤ちゃんは、この時横向きになって骨盤の中に入ってきます。
また、背骨の靭帯も緩んでしまうため、出産後、とても背中が痛むことがあります。
これらの症状がみられる人は、骨盤矯正をする必要があります。

このように、骨盤とは、妊娠してから出産するまで、いろんな動きをしていて、恥骨結合が緩むことで、出産後は必ず開いてしまうものです。
また、「仙骨」と言うお尻の骨も歪むことによって、骨盤が全体的に広がってしまいます。
そのため、とくに産後の骨盤は、緩んでしまった状態なので骨盤を矯正することが必要となるのです。

骨盤が開いたままの状態でいると、太りやすい体質になってしまったり、ストレスがたまりやすくなったり、腰痛などの症状を引き起こしたりする場合もあります。
さらに、骨盤が広がっていると、お尻の周りに脂肪が付きやすくなったり、お尻が垂れてきたりしてしまいます。

赤ちゃんを産んだのだから、もうきれいなお尻なんて手に入れられない、と諦めてしまわずに、骨盤矯正を行って、きれいなボディーのお母さんを目指してください。


posted by うさきち at 14:11| 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正ダイエットの体験談

現代人の多くは、骨盤が歪んでいるそうです。
仕事や家事などにより、長い時間同じ姿勢をしていることが多いことで、猫背など悪い姿勢になってしまったり、O脚などで悩んでいたりする人がとても多いそうです。

悪い姿勢になる原因の一つに、骨盤が歪んでいたり、開いていたりしていることが関係しています。
骨盤が歪んでいると、身体のバランスが乱れてしまい、頭痛や腰痛、肩こりなどの症状が起こったり、太りやすくなったり疲れやすくなったりしてしまいます。
また、女性の場合は、生理不順や不妊に悩まされることとなり、男性の場合は、精力の減退といった体の内部から、さまざまな症状を起こす原因となるのです。
さらに、骨盤の歪みをそのまま放置してしまうと、ヘルニアなどの重大な病気になる場合もあります。

実際に、骨盤矯正を行なうことによって、長年悩まされていた体の不調が改善された、という体験談は多くあるようです。
改善がみられたのは女性だけでなく、男性でも、長年の腰痛が急に解消した人や、噛み合わせが改善したことで頭痛が減った人、ぽっこり出ていたお腹がすっきりした人など、さまざまな喜びの体験談が報告されています。

女性の場合では、O脚が治りすらっとした脚になった人や、お腹がへこんでダイエット効果が現れた人、生理不順が改善した人、そして美肌を手に入れた人、などの体験談があります。

骨盤とは、人間が2本の足で歩行するために、とても大切な部分です。
その部分が歪んでしまっていては、体のあちこちに不調が現れるのも当然でしょう。
自宅でできる骨盤矯正体操やエクササイズを行なったり、骨盤矯正グッズなどを利用したりして、骨盤の歪みを直し、健康的で美しい体を手に入れましょう。
posted by うさきち at 14:11| Comment(5) | 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤の歪みで生じる症状

骨盤が何らかの原因で歪むと、体にさまざまな症状が現れてきます。

たとえば、骨盤の中にある仙骨は、深く女性ホルモンと関係しているので、この仙骨が歪むと、生理不順や不妊などの問題が生じる場合があります。
また、肌荒れにもなりやすくなります。

「腰椎」は骨盤と連動しているのですが、それが歪んだり傾いたりすると、腰痛を引き起こす原因となります。
また、骨盤がどちらかに傾いていると、大腸がうまく機能せず、便秘や下痢の症状が出やすくなります。

骨盤の腸骨は、1日のうちに何度も開閉しているのですが、何かの原因によって、広がり過ぎて閉じづらくなったり、逆に閉じた状態のままになったりすることがあります。

骨盤が開いたままになると、腸骨で支えられていた内臓が下垂してきます。
それにより、内臓の機能が低下するので、冷え性になりやすくなります。

骨盤は頭蓋骨にある後頭骨と連動しているので、骨盤が広がってしまうと、顔の骨格にも影響し顔が大きくなりますし、骨盤が歪むと顔の骨格までも歪んで、顔がいつもむくんで見えてしまうそうです。
さらに、骨盤が広がると、それと同時にお尻も大きくなったり、下半身に肉が付きやすくなったりします。

大腿骨は骨盤と連動しているので、骨盤が開くと大腿骨も開き、足が外側に向きやすくなります。
そして、O脚やX脚になってしまったり、猫背になったりと、悪い姿勢になってしまいます。

逆に骨盤が閉じたままですと、なかなか寝付けなかったり、不眠になったりします。
正常な状態だと、寝ているとき骨盤はもっとも開いています。
ところが、緊張していたり、不安なことがあったりすると、いつも骨盤が閉じたままになり、眠れなくなって不眠となってしまうのです。
また、いつも緊張状態であることから、怒りっぽくなりますし、常にイライラしてしまいます。

このように、骨盤の歪みは、体のさまざまな部分や精神面に、悪影響を与えることになります。
そのような症状に悩まされている人は、骨盤矯正体操などで、心も体もリフレッシュしましょう。


骨盤矯正を行なう前に、あなたの骨盤が歪んでいるのかチェックしてみましょう。

まずは、何も敷いていない床に仰向けになって、両足に力が入らない状態でそろえます。
歪みがなければ、自然とかかとがくっつき、高さが同じになっています。
また、つま先が自然と外側へ開いているかも確認してください。

次に、仰向けになって、肩幅に足を開いた状態で、もっとも骨盤の高い位置と床の高さを測ります。
歪んでいる場合は、左右の高さが違ってきます。

また、正座の状態で、肋骨から骨盤までの左右の長さを比べてみてください。
大きな差があれば、骨盤が歪んでいるということです。
そんなに差がない人でも、仰向けの体勢から、腹筋だけを使って起き上がれない人は、腹筋が弱っています。
そうなると、骨盤が開いていたり、内臓が下がっていたりするかもしれません。
また、四角いおしりやぺっちゃんこのおしりの人も、骨盤が歪んでいる可能性があります。

それでは、自分の骨盤が歪んでいるか、簡単にできるチェック方法を挙げます。
・いつも同じ方にネックレスがずれる。
・靴底の外がすり減っていたり、左右で減り方が違ったりする。
・ウエストのくびれている部分の高さが左右で違う。
・スカートの中心がいつもずれている。
・いすに座るとき足を組む癖がある。
・正座やあぐらをかきづらい。
・寝相が悪かったり、仰向けで寝ることができなかったりする。
・腕の長さが左右で違う。
・猫背である。
・ブラジャーなどの肩ひもがすぐずれたり、左右どちらかの肩が下がっていたりする。

このようなことに思い当たれば、あなたの骨盤は歪んでいたり、開いていたり、ずれていたりする可能性があります。
骨盤矯正体操やヨガ、ピラティスなどを行なって、骨盤の歪みを矯正しましょう。
posted by うさきち at 14:10| Comment(0) | 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピラティスで骨盤矯正

ピラティスとは、1900年初めに、ドイツ人看護士のピラティス氏が、第一次大戦中に負傷した兵士のために、リハビリとして開発されたエクササイズのことです。
太極拳やヨガなどの要素が加えられて、余計な負担を体にかけずに、身体の芯の筋肉を鍛えられるのが、ピラティスの特徴です。
ピラティスは、ヨガなどと同じように、歪んだ骨盤を矯正するのにも非常に効果があります。

ヨガとピラティスは同じもの、と考えている人も少なくないと思いますが、この2つは目的や呼吸法などが全く違います。
ピラティスは身体の芯であるインナーマッスルを鍛え、ヨガは精神面を鍛えるのが目的です。
また、ピラティスは胸式呼吸を使い、ヨガは腹式呼吸を使うので、体全体の動きや使い方も全然違います。
ピラティスでは体を常に動かしていますが、ヨガは静止してポーズをとった状態で、さらに瞑想を取り入れるのです。

ピラティスによって得られるダイエット効果は、筋肉を鍛えることで、余分な体脂肪が減って、身体が引き締まってきます。
さらに、筋肉が付いてくることで、脂肪の燃焼を促し、体質的に太りにくくなるそうです。

また、基礎代謝がアップして脂肪が減ったり、血行が良くなることで美肌効果が現れたり、若々しい身体になったり、心身ともにきれいになります。
ピラティスを行なっていると、自然と姿勢も良くなってくるので、肩こりや腰痛を引き起こす「猫背」を直したり、歪んだ骨盤を矯正したりすることもできるのです。


ところで、骨盤矯正ダイエットには、たくさんのメリットがありますが、デメリットは全くないのでしょうか。

ほとんどないに等しいのですが、あえて言うのなら、毎日欠かさずに続ける必要があることや、日常のちょっとした動作や姿勢でまた骨盤が歪んでしまうことです。
骨盤矯正ダイエットでもっとも大切なのは、毎日骨盤体操を少しずつ続けることです。
なかなか毎日続けるのは難しいことですよね。

仕事でクタクタになって帰ってくることもあるだろうし、一日中遊んできて疲れているときもあるでしょう。
また、風邪気味であったり、体調があまり良くなかったりする日もあると思います。
そんなときに、必ず毎日やらないと効果が出ないから、と無理に体操しても、体を痛めてしまったり、病気を悪化させたりしてしまう場合があります。

骨盤矯正ダイエットを長く続けるには、無理をしないでリラックスした気持ちで行なうことが大切なのです。
また、日常の中で、普通に生活していても、骨盤は歪んできてしまうものです。
それを、できるだけ歪ませないように心がけることが大切なのです。

そのためには、日常生活で歪む原因となる動作や姿勢はないか、よく意識してみましょう。
会社では座ったままずっとデスクワークをしている人や、立ちっぱなしの仕事をしている人は、脊髄や骨盤が歪みやすいので常に姿勢を意識して、仕事の休憩時間や合間などに、座ったままで行なえる骨盤体操を心がけると良いでしょう。
また、帰宅してから時間があれば、歪みや筋肉のこりをマッサージなどでほぐしましょう。

日常の中で少し意識するだけで骨盤矯正ダイエットになります。
デメリットとは思わず、自然と生活の中に取り入れられると良いですね。
posted by うさきち at 14:09| Comment(0) | 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男女で異なる骨盤

骨盤は、骨格の中でもっとも男女で形状の違う部分だそうです。
女性の骨盤は、男性と比較して、横に広がって縦に短くなっています。
そして、生理周期に合わせて開閉することが、男性とは違うことです。
男性にはこのような機能はないので、骨盤が歪んだり、開いたりすることはあまりないようです。

また、女性らしいスタイルを保つためには、骨盤はとても大切な部分と言えます。
骨盤の形状が男性と違うことから、女性のくびれたウエストやお尻のラインがきれいに見えるのです。
ところが、骨盤が歪んでいると、その女性らしさも崩れてしまうのです。

骨盤は、生理が終わった頃から排卵の時期までに閉じていきます。
そして、排卵があると、次の生理が始まる時期まで開いていくのです。
骨盤が閉じ始める時期は、お尻は引き締まっています。
それと反対に、骨盤が開き始める時期は、お尻が垂れてしまって四角く見えます。
これを女性は、生理周期ごとに毎回繰り返しているのです。

女性の骨盤の中には、卵巣や子宮などの女性にとって大切な臓器が入っています。
そして、これら臓器へ送られる脳から指令は、骨盤の中の神経によって伝達されています。
だから、骨盤が正常ではないと、神経が圧迫されていまい神経伝達がスムーズにいかなくなります。
そのため、生理不順や生理痛、子宮筋腫、そして不妊といった女性にとって深刻な症状が現れてくるのです。
また、排出する必要のある、おりものなどの老廃物を排出することができずに、体の中に蓄積した状態となり、お尻は大きくなりますし、下腹も出てしまうのです。

また、多くの女性の悩みといえば、つらい月経痛ですよね。
起き上がれないほどの強い痛みで、学校や仕事に行っていられない、という人は、仙骨が飛び出ている可能性があります。
月経痛とは、子宮が収縮するために起こるので、一般的に腰や下腹部などが痛みます。
そして、骨盤が歪んでいる人は、その痛さがさらに強くなるそうです。

どうして、月経痛と骨盤の歪みが関係しているのでしょうか?
子宮は、骨盤の中に靭帯によって収まった状態にあります。
そのため、もし骨盤が歪んでいたら、過度に靭帯が前後左右に引っ張られることになり、緊張状態になってしまうのです。

骨盤の歪みが、月経痛に悪影響を与えるなんて驚きですね。
それでは、あなたの仙骨が飛び出ているかどうか、確かめてみましょう。
まず、フローリングなどの硬い床に、何も敷かないで座ってください。
そして、体を後ろに傾けて両手をついてみてください。
そのとき、仙骨というお尻にある骨が当たって痛いと感じませんか?

痛いと感じる場合は、仙骨が飛び出ているということです。
これにより、ひどい月経痛の原因となっているのでしょう。
月経痛を改善させるためにも、骨盤矯正ダイエットを行なって、歪んだ骨盤を直しましょう。
毎日コツコツ骨盤矯正ダイエットをがんばれば、苦しい月経痛ともお別れできますし、理想的な体も手に入れられるかもしれません。
骨盤矯正は、あなたにとって良い効果ばかり期待できますよ。
ぜひ骨盤矯正ダイエットに挑戦してみてください!
posted by うさきち at 14:08| Comment(0) | 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0円の骨盤矯正ダイエット

ダイエットにはさまざまな種類がありますが、ダイエット食品やダイエット器具を利用するものや、ジムやエステに通うなど、何かとお金がかかってしまうと思います。
でも、「骨盤矯正ダイエット」では、やり方によっては、かかる費用は0円です。

骨盤矯正ダイエットは、骨盤体操やストレッチを行って、歪んだ骨盤を直して代謝を改善し、太りにくくやせやすい身体を目指します。
本やDVDなどが多く出ていますし、ネットでも検索できるので、そのやり方は簡単に調べることができます。
器具や道具を使わずに、どこでも手軽にできるのが骨盤矯正ダイエットなのです。

それでは、お風呂で行なえる骨盤体操を紹介します。
体操を始める前に、38度〜39度ぐらいのお湯に、ゆっくりと浸かって体を温めてください。
まずは、歪んだ骨盤を正す体操からです。
浴槽で軽くひざを曲げて座り、上半身だけを右側へねじります。
浴槽のふちに手をかけて、そのまま2、30秒キープしてください。
そして、左側も同じように行い、左右に3回ずつ行なってください。
ひねりにくい方があるのなら、そちら回数を多く行なうと良いでしょう。

次に、太ももの内側にある筋肉を伸ばすことで、足の歪みを正す体操です。
浴槽の中で、両足の裏を合わせて座ったら、両手で足首を持ってください。
そして、足首を体に引き寄せて、背筋を伸ばした状態で上半身を少しずつ前に倒していき、そのまま20秒キープしてください。
それを3回行ないます。
前に体を倒すときは、息をゆっくりと吐きながら倒しましょう。

骨盤は、日常生活の中で少しずつ歪んだり、傾いたり、ズレたり、開いたりしていきます。
歪んでしまった骨盤は、すぐには矯正できませんが、日常生活の中で少し気を付けるだけで、徐々に骨盤を矯正することができるのです。
それでは、日常生活の中で行なうことができる、骨盤を矯正させるための方法を紹介します。

普段の生活では、いつでも腹筋を意識するようにして、時間が少しでもあるときは、腹式呼吸などを行って腹筋を常に動かすようにしましょう。
また、手や足で使っていない方があったら、意識して使うようにしましょう。

ガニ股の人の多くは、常に骨盤が開いたままになっているので、意識的に内股にするように心がけて歩きましょう。
また、盤を閉めるために、歩いたり立ったりしている時は、足の親指の内側に、ギュッと力を入れるようにしましょう。

ハイヒールなどのようなかかとの高い靴を履いていると、足の外側に力を入れて歩くようになり、それが骨盤を開いてしまう原因となります。
なるべく、自分に合ったかかとの低い靴を履くようにしましょう。

また、いつでも背筋を伸ばした正しい姿勢であることを心がけましょう。
いすに座る時も、深く腰をかけるようにして、背骨を曲げないようにしましょう。
そして、できるだけ足組みをしないように心がけましょう。
寝るときでも、横向きにならないように意識して、仰向けで寝るようにすることも大切です。

費用をかけないで、じっくりと自分で理想的な身体を作り上げていくのが骨盤矯正ダイエットなのですね。
ただ、あまり意識しすぎて神経質になっては長続きしないので、骨盤矯正を日常生活の中で自然と取り入れる気持ちで行なってくださいね。
posted by うさきち at 13:54| Comment(13) | 骨盤矯正の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下半身のダイエットには骨盤矯正

自分の身体の中で、特に下半身の体型について悩みをもつ人は多いのではないでしょうか?
そのような悩みをもつのは、特に女性が多いと思います。
また、下半身を引き締めようと、影でがんばっている人は少なくないでしょう。
効果的に下半身を引き締めるおすすめの方法として、骨盤を矯正する方法があります。

ほとんどの人が、骨盤に多少の歪みがあるそうですが、O脚やX脚の人場合は、リンパの流れが良くなくて、下半身太りになりやすいそうです。
骨盤とは、上半身と下半身とをつないでいる、非常に大切な場所なのです。
この骨盤が歪んでしまうと、腰痛や肩こり、冷え性などの原因となってしまいます。
また、骨盤が歪んでいると、太りやすくやせにくい身体になるそうです。

毎月女性は周期的に生理がやってきますが、骨盤と生理にはとても重要な関係があるのだそうです。
骨盤は生理の周期によって開閉を繰り返していて、1日のうちでも朝と夜では違ってきます。
そのため、身体の一部がむくんだり、お腹周りやお尻の大きさが変わったりします。

また出産によっても、骨盤の開閉に大きな影響を与えます。
それによって、体系が変わってしまったり、O脚に変形してしまったり、下半身太りになったりする場合もあります。

ただ、産後は骨盤が開いた状態ですが、周辺は柔らかくなっているので、出産前の体型に戻すことのできるチャンスでもあります。
その時期に、下半身をやせる方法のひとつとして、骨盤矯正を行なうのも良いと思います。

下半身太りに効果的な、骨盤矯正ダイエットを取り組もうとしている人に、まずは知っておいて欲しいことがあります。
せっかくがんばろうと決めたのだから、どうせなら効果的なやり方で行なうのが一番ですからね。

まず、骨盤矯正ダイエットを始める前に、全身の緊張をほぐして、リラックスした状態であることが重要です。
ストレスによって筋肉が緊張した状態だと、骨盤の歪みを矯正しようとしても思うようにはうまくいきません。
骨盤体操によって骨盤矯正ダイエットを行うには、リラックスした気持ちで行ないましょう。
また、一番自分がリラックスする時間や場所を選ぶことも大切です。
そして、体操が終わったら、マッサージやストレッチなどを行い、体を柔らかくするように心がけましょう。

また、骨盤体操は、少しずつでもいいので、できるだけ毎日続けることが大切です。
今すぐに骨盤の歪みを正したくても、激しい体操をやり過ぎてはいけません。
骨盤の歪みは、何年も掛けて曲がったのですから、そう簡単には治りませんし、逆に痛めてしまうこともあります。
長く続けられるためには、骨盤体操やマッサージなどを、毎日少しずつ行いましょう。
このようにして、丁寧に少しずつ続けていけば、効果が徐々に出てくるはずです。

さらに、自分の生活習慣を見直すことも必要です。
骨盤はどうして歪んでしまったかをよく考えて、自分の立ち姿や座り方などを鏡で見てみましょう。
骨盤体操を続けていくのと同時に、ちょっとした動作などにも意識してみましょう。

これらのことを頭に入れて、骨盤矯正ダイエットを始めれば、きっとより効果が現れやすいですよ。
posted by うさきち at 13:52| Comment(0) | 骨盤矯正の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤の中から骨盤矯正

骨盤矯正ダイエットを成功させるには、骨盤の中もきれいにする必要があります。
骨盤は体の中心部分にあって、とても大事な内臓をしっかりと守る役目を果たしています。
骨盤の中にあってきれいにするべく内蔵とは、つまり腸のことなのです。

骨盤矯正体操やストレッチを行なって、骨盤の歪みを直し、正しい骨盤の位置に戻したとしても、腸がきれいな状態でなければ、骨盤矯正ダイエットが完全には成功していないのです。

骨盤が歪んでしまうと腸を圧迫します。
だから、骨盤が歪んでいる人のほとんどが、便秘の症状に悩まされているようです。
体に必要となる水分を摂取するのは当たり前ですが、便秘やむくみの症状を改善させるためにも水分を摂ることが必要です。

骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、さまざまな慢性的な症状が現れたりしてきます。
また、骨盤が歪んでいる人の多くは、便秘に悩まされているようです。
そして、便秘症の人の多くが、その他に冷え性やむくみなどのさまざまな問題も抱えています。

正常な状態の骨盤は、逆三角形の形をしています。
しかし、それが緩んだり開いたりしてしまうと、内臓にまで影響し、内臓がどんどん下がってきてしまうそうです。
そして、内臓が下がってくることで、下腹がぽっこりと出てきてしまいます。
また、骨盤が歪みは内臓が下がるだけでなく、もともとの骨盤の位置からずれてしまいます。
そして、腸や膀胱が圧迫されることになり、便秘になってしまうのです。

本来、腸はしっかりと骨盤内におさまっていなければならない、とても大きな内臓です。
ところが、開き過ぎてしまった骨盤内では、腸はだらっとしてしまうので、うまく働くことができなくなります。
このような、全体的に大腸の動きが悪くて、スムーズに便を送り出せない「弛緩性便秘」は、若物だけの悩みだけではなく、中高年もかかりやすいそうです。

便秘はとても苦しいものですが、その辛さは便秘になっている人にしかわからないものです。
便秘に悩んでいる人は、骨盤矯正ダイエットを行なって、正常な骨盤の位置に戻し、便秘を解消してしまいましょう

便秘の症状が出ていない人でも、腸壁に便がこびりついてはがれていない場合もあります。
それを解消するためには、腸内細菌を増やすことが効果的です。
腸内細菌を増やすことで、余分なカロリーを吸収して、やせやすい体になるそうです。
腸内細菌は、普段の食生活を少し見直すだけで、充分に増やすことができます。
バランス良く栄養を摂取できる食事を、3食しっかりと摂り、ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品など、乳酸菌を多く含む食品を積極的に食べるように心がけましょう。

骨盤矯正体操をできるだけ毎日行なって、歪んだ骨盤を正しい位置に戻し、さらに骨盤の中もきれいに保つことができたら、本当に骨盤矯正ダイエットに成功できたと言えるでしょう。
骨盤矯正ダイエットを行なうと、さらにうれしいことに、美しい体を手に入れることも可能になりますよ。
posted by うさきち at 13:39| Comment(0) | 骨盤のゆがみの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨガとカイロプラクティック

ヨガは、非常に骨盤矯正に効果的な方法で、瞑想や呼吸法と非常に深い関係があります。
ヨガダイエットは、体重を減らすだけではなくて、体の調子を整えたり、精神的に安定させたりする効果があります。
また、日常では使わない筋肉を動かすことで、新陳代謝を活発に促します。
一つ一つの動作はとてもゆっくりですが、ちゃんとしたやり方で行えば、汗が出るほど筋肉を使っています。

体を少し動かすことで、新陳代謝が向上し、内臓の機能が活発になります。
それにより、ストレスは解消しますし、骨盤の歪みを矯正することで疲労を回復します。
また、自律神経を正常化することができるので、やせやすくて太りにくい体になるのです。
さらに、ヨガは柔軟性を養うことにも役立つので、体が硬い人に起こりやすい血行障害も改善されるそうです。
その上、運動が苦手で、なかなかやせない人にとっては、ヨガダイエットは特に効果があるそうです。

ヨガをする際は、食事の前後2時間以上経ってから行うようにしましょう。
食後というのは、血液が胃に集中しているので、気分が悪くなる場合があります。
それだけでなく、脂肪が燃焼しにくいので、ダイエットとして良い効果は現れません。
また、お酒を飲んでから行なうことや、入浴した直後に行なうのもやめましょう。

ヨガを行なう時は、伸縮性のあるゆったりとした服装で、ヨガマットをできるだけ利用しましょう。
ヨガマットがなければ、バスタオルなどでも良いです。

ヨガは、初めからうまくできなくても大丈夫ですが、大切なのは、息を止めずに行なうことです。
正しいやり方で行うことで、より効果的な骨盤矯正を目指すことができます。
ヨガを続けることで、理想的なボディーを手に入れるのも夢ではありませんよ。


カイロプラクティックは、予防医学としてアメリカで生まれたもので、ライフスタイルを見直すことによって、病気になりにくい体づくりを基本としています。
薬や手術を行なわずに、本来人間がもっている自然治癒力を発揮させ、正常な状態に戻るようにします。
そして、各器官に脳からの神経伝達を送り、体の全体的な機能を回復させるのです。
また、骨盤を矯正して、その歪みの原因となった生活も正し、また再び同じ問題が起こらないように根本から治療します。

カイロプラクティックの目的とは、病気のような体の異変に早い段階で気づくことができるようになり、健康管理を自分自身で行えるようにすることです。

カイロプラクティックで特徴的なのは、手を使って治療をすることです。
道具は、補助的な用途にしか使いません。
このような手だけで行なう治療法のことを「手技療法」と呼んでいます。
日本にある手技療法で、まず思い浮かぶのは「整体」ですね。
しかし、整体とカイロプラクティックは、全く違う治療法です。

整骨は、骨折した骨を繋ぐことで、元の状態に機能させるものです。
整体は、背骨や骨盤など、歪んだ部分全てに刺激を与えて、改善するものです。
この場合、ヘルニアなどがあると、事故が起こりやすくなるので注意が必要となります。

西洋医学においては、多くの薬が使われます。
もちろん、薬を使用すればすぐに効果が現れ、その症状は確かに治ります。
ところが、それと同時に、副作用を伴うことがありますし、自然治癒力が低下してしまうことにもなります。

その点、カイロプラクティックでは、薬を使用せずに、身体に手だけで働きかけます。
もちろん、それは薬のように急激に効くものではないですが、副作用はありません。
その上、自然治癒力を高めることができるという、素晴らしい効果が得られます。
このように、カイロプラクティックとは、私たちの身体にとって、とても優しい治療法なのです。
posted by うさきち at 13:37| Comment(0) | 骨盤矯正の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨盤矯正体操

骨盤の歪みを正すには矯正することが必要です。
骨盤矯正ダイエットを成功させるためには、筋肉を強化させるエクササイズとジョギングなどの有酸素運動をすることが大切です。
でも、それまでほとんど運動をしていなかった人にとっては、急に運動を始めるのは大変なことですよね。

そこで、そのような人でも、空いた時間に楽にできる骨盤矯正体操を紹介します。
骨盤は固定しているだけでも矯正の効果があるので、骨盤矯正ベルトやパンツ、コルセットなどを使用して、骨盤を締め付けながら矯正体操を行うと、より早く効果があります。

まず、はじめの姿勢は、肩幅に両足を開いてしっかり固定し、膝を軽く曲げて立ちます。
そして、頭をそのまま動かさないようにして、手を腰に当てて、ゆっくりと腰だけ大きな円を描くように、右回りと左回りを交互に10回ずつ回します。

足を開いた状態に戻したら、息を吐きながら 上体を床に手がつくようにゆっくりと前に倒していきます。
次に、体を起こして手を腰に当てて、ゆっくりと上体を後ろに反らしていきます。
この前屈と後屈の動きを1セットとして、10セット行ってください。

次は、足を開いて真っすぐと立った状態で、右手を股関節の上に、左手は左の太ももに当てて、上体を右側真横へ倒していきます。
反対に、右手は右の太ももに、左手は股関節の上に当てて、上体を左側へ倒していきます。
左右を1セットとし、10セット行ってください。

それぞれの動きでは、膝を曲げないように気をつけてください。
はじめは無理をせず少しずつ行い、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。
また、お風呂に入った後は、体が柔らかくて体操しやすいですし、就寝前に軽い運動をすると、よく熟睡できるそうです。
自分のできる範囲で続けていくことが、骨盤矯正ダイエットの効果を上げるのに大切なのです。

下半身太りの人や、腹筋が弱い人、お尻がぺっちゃんこの人は、骨盤が開いている場合が多いそうです。
また、骨盤が開いている人の多くが、姿勢があまり良くないようです。
そして、冷え性で悩んでいる人や、下腹が出ていることを気にしている人が多いです。

これらの悩みを解消するには、骨盤の歪みを矯正する体操や、骨盤の開きを正しく戻すための骨盤矯正体操を行なうと効果的です。
では、骨盤の開きが原因で起こる、さまざまな悩みを解決する方法を紹介します。

仰向けに寝て、90度に膝を曲げて肩幅に開いてください。
腕は、ぴったりと両脇に引っ付け、手のひらの内側を太股につけた状態で固定してください。
そして、腰をそのまま持ち上げて、肩から膝にかけてまっすぐな状態になるようにしてください。
7秒間そのままの状態を保ったら、少しずつ腰を下げていき、全身の力をスーッと抜きましょう。
この体操を何回か繰り返したら、数分間「大」の字になって休んでください。
骨盤が開いている人は、最初のうちは、ポキポキッと骨が鳴ることがあります。

この体操は、骨盤の歪みを正しい位置に戻す体操です。
「大」の字になって休むのにも理由があり、体操によって正した骨盤を、正しい位置の状態を保つために行なうのです。
ここで、すぐに立ってしまっては、せっかく正した骨盤の位置が、また元に戻ってしまうかもしれないのです。
決して焦らず余裕のある気持ちで、骨盤矯正体操を毎日続けることが成功の秘訣なのです。
posted by うさきち at 13:36| Comment(0) | 骨盤矯正の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。